こんにちは、なんまるです(^^♪

 

前回の投稿では、

①腸は独自の神経ネットワークを持ち脳からの指令がなくても活動できる臓器であること(腸は第二の脳)

②腸と脳は影響しあっていて、腸が元気になると脳も元気になること(腸脳相関)

という関係性があるため、腸が元気になると脳も元気になり、副交感神経が優位になってストレス耐性があがる、というお話をしました。

では今日は腸を元気にしてストレス耐性をあげる、具体的な方法についてご紹介します。

 

【腸を元気にする方法】

※今回は「腸にアプローチして脳を元気にする」がテーマなので、

休息をとる、リラックスする、等の一般的な方法は割愛します。

 

①仙道の呼吸法「武息」を行う

一番良いのは「丹田(下丹田)」を作ることです。

丹田は呼吸法や武道など身体操作によって出来てきます。

中でも気功(仙道)で行われる「武息」はオススメです。

 

武息は

・意識の集中

・下腹で炎やマグマをイメージする

・独特の呼吸動作

によって丹田付近の腹圧を高め、熱を発生させることで腸全体を活性化します。

 

習熟してくると丹田の位置で熱湯のような熱感を感じます。

ここまでいかなくても、腸が温かくなってくると、

全身が心地よい感覚になり脳がリラックスします。

 

仙道では「丹田の炎で邪気を燃やす」という表現をしたりします。

この呼吸法により腸が活性化します。

 

呼吸法に取り組むメリットは、慣れてくると、

呼吸法を行っていない時でも、自然発生的にお腹に熱を感じるようになることです。

神経回路がそのように出来上がってくるのですね。

※「武息」を本格的に学んでみたい方はコチラ▼

https://blog.mei-qigong.jp/?p=99

 

②腸(下腹)を温める

呼吸法の補助的なイメージですが、

下腹部を温めることは有効です。

 

具体的には、

・下腹や仙骨付近にカイロを貼る(低温やけどに注意)

・腹巻をする

・冷たい飲み物を控える(水は常温がオススメ)

 

③栄養面から腸内環境を整える

悪玉菌を減らし善玉菌を増やすことで腸内環境(腸内フローラ)を整えます。

・善玉菌が増える食べ物を摂る

 味噌、ヨーグルト、漬物、キムチなどの発酵食品

 また果物や海藻類など水溶性食物繊維の多い食品

 

<まとめ>

腸内環境は思っている以上に身体のパフォーマンスに影響していると言われます。

世の中には太陽光や水だけで生活する不食の人(ブリザリアン)がいますが、これも腸内細菌によるもの、という研究もあるほどです。

腸内環境を整える食べ物を摂り、温めたり血流を増加させることで腸も脳も、身体も心も整ってきます。

ぜひ日常に摂り入れストレスに負けない心を手に入れてください(^^